SFAが多くの人びとに認知された理由とは

SFAを導入するのとしないのとでは営業活動の効率性がまるで違ったものになります。このシステムを導入すれば、多くのスタッフがいる企業でも組織的な営業活動を行うことができます。企業が多くのスタッフを抱え組織的な営業活動を行うのは当然と思われるかもしれませんが、実はそれほど簡単なことではありません。スタッフの数が少ない個人事業主や零細企業などでは、相互に連携を取るのは容易です。

しかし人数が多くなるのにともないスタッフ間で重要な情報を共有することが難しくなります。ごく小規模な企業であれば、1人のスタッフが様々な業務をこなし顧客対応などを行っても問題ありません。小規模な企業は取引先の数が少なく、対応しなければならない問題もそれほど多くないからです。一方で数十人規模のスタッフを抱える企業になると、取引先の数も増えて柔軟に対応するのが難しくなります。

そこでSFAを導入し顧客や案件など重要な情報を一元管理すれば、スタッフ同士が連携して柔軟な対応ができます。SFAを導入すると重要な情報が組織全体に共有されるので、個人の勘や経験に頼る必要がなくなります。例えば過去の取引情報を分析すれば顧客ごとに最適な営業方法を導き出すことも可能です。情報はノウハウが組織全体に蓄積されるのでチームプレーをしやすくなるというメリットがあります。

さらにSFAには顧客リストや見積書の作成など、スタッフの負担を軽減する様々な機能が備えられています。非常に便利な機能を備えており組織の機動性を高めるため、ビジネスの世界で広くSFAが認知されるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です