SFAによる人材管理の特徴について

SFAを使えば効果的な人材管理が可能になるため組織運営に非常に役立ちます。経営者が企業を運営するためには人材を適切な場所に配置し、業務に専念させなければなりません。仮に人材を適切に配置したとしても様々な作業で時間と手間を取られて本来の業務に専念できないとすると、組織運営が困難になってしまいます。余計な作業のせいで本来の業務が滞った状態は自動車の渋滞に例えることができます。

長い渋滞が続くといつまで経っても目的地へ到達できません。組織運営は自動車の運転と似ており、それぞれのパーツが本来の仕事をこなすことで目的地へ素早く到達できます。経営者は効率的に組織を運営するため、人材の適切な配置だけでなく各スタッフの負担軽減についても考慮しなければなりません。また自動車が各パーツの協同によって動いているように、組織もスタッフ間の連携が重要になります。

スタッフの負担軽減や連携の強化に役立つシステムがSFAであり、企業の規模が大きくなるほど導入する必要性が増します。規模の小さな組織は自転車に例えることができます。自転車はそれほど複雑な構造になっておらず、組立や修理など使用者自身で行うことも可能です。しかし自動車のように複雑な構造を持つ乗り物は、組立や修理を行うプロが必要になります。

規模の小さい組織は少人数うでも相互に連絡を取り合って運営することが可能ですが、組織が大きくなるほどスタッフ間の連携を可能にするシステムが求められます。多くのスタッフを抱えた組織が効果的な営業活動を行うためには、SFAを導入し人材を管理するのが最も効果的な方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です