SFAの導入により営業活動を可視化するメリット

営業部門にSFAを導入することで、その活動・業務の可視化を図ることができます。これにより、常に最適な戦略を立てられるようになるのがメリットと言えるでしょう。多くのSFAツールには顧客情報や案件の進捗など、営業部門の現状をリアルタイムで把握できるようになる機能が搭載されています。プロセスや売上が見通せるようになるということは、マネージャーなど統括を行う役職が全体を見渡すことが可能になります。

現場を見つつ懸念を解消し、社員に対して的確なアドバイスやサポートが行いやすくなるという訳です。また営業を行う社員の、一人一人の行動・プロセスも可視化します。マネージャーが個別に営業活動・プロセスをチェックすることで、社員がつまずいたり受注を取り逃がした原因の特定も容易です。プロセスの課題が分かれば、それだけ売上・業績の改善にダイレクトに繋がります。

イレギュラーにいち早く気付けるのも、SFA導入のメリットです。営業活動の可視化によって停滞している案件や、受注見込みのランクが変動した案件に目が行き届きやすくなります。イレギュラーに早期に気付き対処することで、収益への影響を最小限に食い止められるという訳です。加えて売上や成約率など、データの分析がしやすいのもポイントです。

担当者をはじめ製品・サービスや案件ごと、チームごとなどさまざまな視点からデータの集計および分析が可能となります。求めるデータを図やグラフなど、見やすい形で表示できるのも魅力です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です