CRMを選ぶ前に確認しておきたいこと

顧客の関係を良好にする上で有利なツールであるCRMですが、その選定を行う前に確認しておきたいことがあります。その1つに、自分の会社の現状を確認することが挙げられます。特に経営状況を把握してた上で、課題を洗い出しておくことが大事です。たとえば経営課題が新規顧客の不足なのか、リピーターの囲い込みの弱さなのかで選ぶべきCRMツールは変わってきます。

選定する段階で用途や求める条件がぶれてしまうとせっかく導入しても効果が出なかったり、いまいち現場でも使いづらいといった状況が起こりかねないため、正しく認識してその解決のために選ぶことが重要です。自社の課題点を見極めた上で、次は導入の目的を明確にします。顧客との関係性を強化したいのであれば、顧客のデータの分析能力が長けている製品を選ぶと良いです。他にも顧客単価や満足度の向上、顧客の管理業務の効率化など求める目的はさまざまでありそれに即したシステムを選ぶようにしましょう。

ここからはさらに具体的に細分化して、その解決に即した機能に目を向けていくべきです。収益アップを目指すのであれば、顧客の購買履歴から行動を予測・分析する機能は欲しいです。分析を行う上で時系列やシェア、商品ごとの分析機能もあればより便利になります。自社の製品の購入パターンを可視化できれば、新発売のタイミングでキャンペーンメールを送信するといったタイミングも分かりやすくなります。

もし既に営業支援ツールであるSFAを導入しているのであれば、導入するCRMは連携が出来るモデルなのかどうかを確認しましょう。具体的に連携する機能、2つのシステムの相性などをしっかりと確認してから取り組むのが必須です。CRMのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です