営業マンが最近よく耳にするSFAとは何か解説します

近年、ビジネスにおける営業の分野で、SFAという言葉が多く使われるようになってきました。SFAとは、SalesForceAutomationという英単語の頭文字を取って作られた略語です。日本語に直訳すると「営業力の自動化」といったところでしょうか。実際には「営業支援システム」という言葉が訳語として多く使われるようです。

SFAとは、これまで表に出にくかった営業の進捗状況が、社内で共有され、誰でも見ることができるシステムです。営業マン一人一人が日々どのようなアプローチで営業活動を行っているか、ほかの社員からも分かるようになります。成績優秀な営業マンの仕事ぶりが細かく分析できれば、新人営業マンにとっても参考になることがたくさんあるでしょう。いいところを取り入れることで早い段階から成果が出せるようになるかもしれません。

さらに、各営業マンがそれぞれで行っていた顧客情報の管理や進捗確認、スケジューリングなども共有されます。また営業報告も自動作成が可能となります。これにより、余計な事務作業を大きく削減することができ、会社の労務管理にも役立ちます。一方で、ベテランの優秀な営業マンからみれば、これまでの経験で培った人脈やノウハウなどが独り占めできなくなるという言い方もできます。

SFAとは営業のチーム力向上に役立つツールではありますが、導入に際しては部内の結束を高めてみんなで目標に向かっていくというコンセンサスをしっかりと作っておく必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です