スタッフ同士の連携を助けるSFAとは

企業が売上の増加を図る上で重要な課題はスタッフの負担軽減とスタッフ間、部署間の連携強化の2つです。営業スタッフは顧客リストの作成やテレアポ、訪問商談や各種書類の作成の他にアフターフォローやクレーム対応なども行います。売上とは直接的に関係のない業務が多いほど、スタッフの負担が重くなり生産性が低下します。営業スタッフが抱える業務の中には顧客リストや各種書類の作成、スケジュール管理など定型的なものがあります。

SFAとは定型的で繰り返し行われる業務を自動化し、スタッフの負担を軽減するために使われるツールです。このツールの正式名称はSalesForceAutomationで、日本語では営業支援システムは営業の自動化などと呼ばれています。SFAとは営業活動に役立つ様々な機能を備えたツールであり、スタッフの負担を軽減して生産性を高めることができます。このツールには顧客や案件など営業活動に関わる情報を一元的に管理する機能が存在します。

SFAとは情報の属人化を防ぎ、スタッフ間や部署間の連携を強化するのにも役立つツールです。情報が属人化すると組織全体で顧客や案件などの情報を共有されないため、様々な弊害が起こります。同じ顧客に重複した営業活動を行ったり引き継ぎに失敗したりすると、時間や労力を無駄にしてしまいます。担当者の不在時にトラブルが起きても他のスタッフが対応できないと、顧客が離れる可能性があります。

SFAを使えば営業活動に関わる様々な情報が組織全体で共有されます。スタッフ間や部署間の連携を強化して柔軟な営業活動を行い、売上の増加を図ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です