営業のためのSFAとは?

SFAとは営業支援ツールのことで、多くの企業で導入されています。営業の活動を詳細に記録する必要があり、負担が増えるというネガティブな印象を持っている人も多いようです。実際には営業の負担を減らすことができるツールとして考えられています。従来の属人的な営業活動では、個人で判断して案件を処理する必要がありました。

それでは担当者の能力によって差が生じることや失注する恐れが高くなります。SFAとは、そのような担当者間のギャップを少なくして、成功率を高めるために使われます。記録した営業活動を分析して、どのようなアプローチが成約を取りやすいかを分析します。確率の高い手順が分かれば、あとは水平展開すれば営業の底上げにつながります。

個人の能力によらないから、結果に対する責任も組織にかかるようになります。また案件が良くない状態にあるときにも、組織として対応できるので安心です。SFAとは、営業の活動を効率化するために使われるツールです。日報などの作成は入力したデータから自動で生成されるので、いちいち作る必要がありません。

見積もりや請求書も、新たなデータを入力するのではなくある程度自動化することが可能です、このように顧客に対応する時間を最大限に活かすことができるので、それ以外の活動に時間を割かれることがありません。結果として多くの案件をこなすことができるようになるのに、実際に働く時間を減らすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です