営業管理ツールのSFAとは

会社というものは大まかには物を作って売るのが仕事です。その作る部分と売る部分とが、製造部門と営業部門とに分かれているのです。業種によってはそういった分かりやすい線引きのないものもありますが、大きい会社ほどしっかりとした営業部門を設置して、それを動かして日々の仕事を取ってきています。営業担当は外を飛び回っているため、管理がかなり大変であり、そこで使われているのがSFAです。

SFAとは営業成績を管理するシステムであり、以前から使われていましたが、最近ではクラウド技術の発達によりリアルタイムでどこからでもアクセス出来るものになっています。このSFAとはパソコンからでもスマートフォンからでもアクセス出来るシステムで、上司が部下の動きを監視するのに最適なのです。持っているスマートフォンと連携させてGPS情報を読み取れば、どういった動きでどの取引先へ行ったかも一目瞭然になります。そして営業成績をチェックする機能が充実しているのがSFAの一番の売りになります。

そもそもSFAとは売上情報をアナログではなく、デジタルで管理するシステムなのでその部分がメインの機能です。複数人いる担当が、今月どれぐらいの仕事を取れているかを具体的に表示し、数種類のグラフなどで明示的に表示してくれます。争わせる形になりますが、営業というものは昔からそういったタイプの業種であり、日々切磋琢磨しながら自分の技術を向上させていくのです。SFAとはのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です