CRMとはリピーターを獲得する領域

CRMとは営業活動を支援するツールの中でも特定のプロセスを支援するものを指しています。CRMとはカスタマーリレーションシップマネジメントの略称です。営業活動には他にも様々な段階があって、市場の中から見込み顧客を獲得して見込み顧客を商談まで待ちこむような段階を支援するツールをマーケティングオートメーションと言います。見込み顧客の中から実際に製品やサービスを購入する可能性がある人に対して、商談や案件交渉をする業務を支援するツールはセールスフォースオートメーションよ呼ばれます。

顧客を市場の中から集めて実際に商談に持ち込んで成約まで繋げるのは大変な事ですが、一回限りの取引になってしまうと営業効率としては良くありません。一度成約までいってさらにリピートしてもらう事ができれば、営業の効率が大きく上がるので、リピートしてもらう為の業務は非常に重要です。CRMとは既に顧客になっている個人や法人に再度利用してもらう為の業務を支援してくれるツールですが、具体的に顧客にプロモーションをかける業務だけでなく、顧客のニーズの変化などを捉える為の分析にも役立つ機能もあります。顧客への対応も履歴として残せるので、後からでも様々な角度からの分析が可能です。

CRMと並行して見込み客の集客や商談の段階の支援をしてくれるMAやSFAを活用しながら、営業活動を行っていく事で事業者全体で効率的な営業活動を行う事が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です