CRMとは?その必要性とメリット

以前は他社よりも高品質なものを作れば売れるとされていました。しかし最近はどのメーカーも品質は向上していて、ほぼ同じような製品となり、顧客が購買するには、メーカーの信頼性や製品に付随するサービスで決定するようになっています。このためCRMの重要性は高まっていて、CRMとはより詳しい顧客情報や提供したサービス、そのサービスが顧客にどんな感情をいだいたかをデータ化したツールです。以前はエクセルで担当者ごとに顧客の個人情報や交渉の内容、提示した見積もりなどの情報を手入力で打ち込んでいましたが、この作業には時間がかかり、人件費もかさむデメリットがあり、CRMの導入は無駄な経費の節約にもなります。

このようにCRMとは業務の活性化と経費削減に必要なものでもあります。CRMの導入のメリットは顧客情報を共有できる点です。いままでのような担当者だけが情報を知っていると、担当者が不在な時に顧客の購買意識が高まってもすぐに動くことができず、せっかくのチャンスを失うこともありました。CRMがあるとスタッフ全員が情報を共有できるのでスピーディに動くことができます。

他にも共有ができていると、どの営業スタッフが担当しても同じ結果になるので顧客も安心して依頼ができ、企業自体の信頼も上がります。情報を分析することで、適切なサービスや対応ができることから成約率も上がり、CRMとは情報の管理で、企業を発展に導く便利なツールです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です