CRMとはマーケティングの強力なツール

CRMとはカスタマー・リレーションシップ・マネジメントの頭文字で、日本語だと顧客関係性マネジメントや顧客関係管理と訳されます。意味としては企業の顧客との関係性を管理するもので、具体的には顧客の情報をデータベース化して管理したり、過去のやり取りの履歴を確認して次に活かすといった使い方ができます。従来の顧客情報管理は、名刺を受け取った人が情報を持っていたり、他の人や部署との情報共有が十分に行われないケースが少なくなかったといえます。CRMとはまさに、情報共有や情報管理をシステム的に行う為のもので、チームのメンバーだけでなく部署間、引いては企業全体での効率的な情報共有が実現します。

顧客の名前や年齢に所属を始めとして、過去の購買履歴や問い合わせの内容など、属性から関連する情報まで一通りまとめて管理できます。CRMとは何か、一言で言い表すのは難しいですが、あえて表現するなら顧客の一挙手一投足を把握して真に求めているものを汲み取り、的確に提案する為のツールです。会員サイトを運営している場合は会員の管理にも役立ちますし、必要に応じてこちらからアプローチをする際に、メールを配信するのにも使えます。メールが開封されれば可視化して把握できますし、開封率から顧客が求めているもの、次に配信する内容やタイミングが決めやすくなります。

製品にもよりますが、CRMにはアンケートを実施する機能やセミナー、イベントの管理に役立つ機能を備えるものが多いので、幅広く活用可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です