顧客管理ができるCRMとは

CRMとはとは顧客管理システムのことで、利用しているユーザーの購買履歴や購入頻度などを把握して販売予測を立てたり利用者との良好な関係を維持していくためのツールです。CRMとは個人・法人を問わず様々な場面で利用がされていて、個人であればポイントカードを経由して購買履歴を把握しお得なクーポンを利用者に提供するというのも1つの手段になります。法人の場合は商談内容やクライアントの課題などを1つのシステムにまとめておくことで進捗管理や、潜在的な課題を掘り起こして提案の材料とすることができます。もちろんCRMとは顧客リストというシンプルな使い方から、Aiなどを使ったディープラーニングという使い方まで様斬なあ用途があるのです。

いわゆるBtoBの現場では、見込み客の中から購入してくれそうな顧客層を割り出して選択と集中を行うような手法も出てきていて実際に成果を上げています。今までは営業担当が経験と勘を頼りに行っていた営業活動を、CRMを用いて効率化し販売確度を高められるようになったのです。これによって営業1名当たりの売り上げが向上し、生産性も向上するようになった事例も数多く散見されます。またBtoCでは、ヘビーユーザー向けのサービスを展開することで単価売り上げにつながるようなやり方によって生産性を向上させるという事例も出ています。

一般的に商品を購入するのは小売店でしたが、最近ではメーカーでのECサイトでも販路が広がっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です