営業部門のない会社が使いたい営業支援

少しでも規模の大きい企業であれば、営業部門を置くのは当たり前の事です。しかし逆に小さい企業では専門で置くほどではなく、基本的に社員は社内で業務を行っており、ポイントで社長などが仕事を取ってくるという形態も珍しくありません。そもそもが一つの仕事で数年継続的に作業が発生する場合もありますし、止まる事が想定されない業務というのもあるのです。それは公的なものや、生命活動の維持に関わるものなどたくさんあります。

つまり取りに行かなくてももらえる仕事が永続的なら、社内に営業は必要ないのです。こういった企業がいざ仕事を打ち切られ、技術はあるので別のところから仕事をもらわなければいけなくなった時に利用したいのが、営業支援です。営業支援は営業活動のアウトソーシングであり、自社の業務を覚えてもらって他社の人に営業をしてもらうというもので、どちらかと言うと新しいサービスと言えるでしょう。仕事を取るという重要な部分を外部の人にお願いするというのは、抵抗のある人がいるかもしれません。

しかし無事に仕事が取れてしばらく安泰という時に、営業支援ならありがとうございましたで済むのです。新しく営業担当を入れてしまった場合にはその社員に別の担当をあてがわなければいけない事をかんがえると、一時的に外部に依頼する事にもメリットがあるのです。どこでも使われているというものではありませんが、状況が一致するようなら利用を検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です