営業のいない会社が利用したい営業支援サービス

その会社の社員であっても、末端の作業をしているとどうやって仕事を取っているか分からない場合があります。営業担当がいるならいいのですが、小さな会社では社長がいつのまにか新しい仕事を取ってきている、といった事も多いのです。つまり専任がいなくてもいい状態の会社もたくさんあるのですが、それらの会社もいざ仕事が止まってしまうと混乱してしまいます。それこそ担当していた社長が入院してしまったりなどのアクシデントが考えられますが、やったことがない人だけが残されると業務遂行能力はあってもその業務自体がもらえないので、会社が成り行かないのです。

そこで、そういう環境の会社にこそ利用してもらいたいのが営業支援のサービスでしょう。営業支援サービスは営業活動の外注ともいえるもので、自社スタッフに代わって営業活動をしてもらうものです。当然ながら最初の段階では会社について学習してもらう必要がありますが、飛び込み営業的な事を考えれば自社スタッフが頑張ってやるよりも、その方面になれている営業支援の人の方が適性があるのかもしれません。特にいきなり必要になったという会社にとって利用価値が高く、存在自体を知らない人がいるなら、頭に入れておくといつか助けになるかもしれないサービスの一つと言えます。

一つの仕事が長く続くようなら、頻繁に利用するのではなくポイントポイントで依頼すればいいという話になるため、コストの面でも悪くありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です