営業支援システムは職場に定着しないと意味がない

IT技術の進歩に伴い、企業活動の様々な分野でITの活用が行われています。例えば営業活動においても営業支援システムを活用して、より効率を高める試みが広がってきています。しかし、営業支援システムを導入する際には、気をつけたい点もあります。まず、なるべくシンプルで使いやすいものを選ぶべきです。

営業支援に限らず、なんらかのシステムを導入する時は、使いやすいかどうかはとても大事です。どんなに高機能だったとしても、複雑で使いにくいと、そのシステムを使いこなせるようになるまでに時間がかかってしまいます。スタッフの教育コストなども上がってしまいかねません。もしくは、あまりにも使い勝手が悪いシステムは、誰も使わなくなってしまうリスクすらあります。

システムは使いやすくないと職場に定着しないです。システムが職場にしっかり定着するには、柔軟にカスタマイズができることも重要でしょう。営業スタイルというのは、会社ごとにけっこう違いがあります。その営業スタイルにフィットするように、営業支援システムをカスタマイズする必要がある場合も少なくありません。

しかし、カスタマイズ性が低くて、上手く職場にフィットさせられないと、定着しない恐れがあります。最悪の場合はシステムの入れ替えという事態に追い込まれるかもしれません。自社に合うような形に営業支援システムをカスタマイズできるかどうか、本格導入する前によく吟味してみることが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です