予実管理も営業支援ツールなら楽にできる

営業活動は、基本的に人間を相手にして行うものなので、あまりIT化・システム化には馴染まないと考えている人も多く、今でもアナログ的な手法を続けている会社も多いです。しかし営業活動も、IT化・システムができる部分は非常に多いです。そのため営業活動を支援する様々な営業支援ツールが開発され登場しています。近年の営業支援ツールは非常に高機能で便利です。

これを使うか使わないかで営業活動に大きな差が出てくるのは間違いありません。営業支援ツールを活用すれば、例えば、予実管理などが簡単にできるようになります。当初に立てた予定・目標と、実際の営業実績を簡単にチェック・分析できるようになります。営業担当者全員の情報を一覧表にしたり、特定の条件で並び替えたり、特定の属性の情報だけを抽出したりも自由自在です。

営業支援ツールでは、蓄積されている数値情報を簡単にグラフ化できる機能が付いていることも多く、それをそのまま会議などで利用したりもできます。いちいち資料を作成したりしなくて済むので効率が上がりますし、より濃密な営業戦略会議ができるでしょう。営業支援ツールでは、名刺情報をデジタルで管理できたりもします。顧客の名刺をアナログ的に管理していると、紛失したり必要な時に探すのに苦労したりしますが、デジタル化して顧客情報に紐づけて管理しておけば、すぐに情報を抽出できます。

顧客情報は会社全体で共有できるので、とても便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です