環境対策に利用されるスクラバー

スクラバーは脱臭装置とも呼ばれ、工場の環境対策に使われています。工場の排ガス対策に問題があると近隣の住民や環境にも影響します。工場内で働く従業員に健康被害が起こるリスクもあるため、スクラバーを使った排ガス処理が重要です。スクラバーは有害ガスや排ガスを吸着して水で洗浄し、薬液中和などの処理を行って大気に放出する装置です。

乾式と湿式があり、排出されるガスの種類によって適切な装置をせっちします。工場が扱っている製品により、排出されるガスの種類は異なります。鋳造工場では、アンモニアなどの臭気物質や粉塵が含まれている排ガスが発生します。粉塵が混ざっている排ガスが体内に入ると、呼吸器に影響を及ぼす可能性があります。

臭気物質が外部に放出されると、人体や環境に悪影響を及ぼします。スクラバーを利用すれば臭気物質や粉塵を除去でき、作業環境を良好に保ちます。化学工場では、扱っている製品によって臭気物質や有害ガスが発生します。ゴム製品の製造過程では、有機溶剤や粉塵が混ざった排ガスと悪臭が発生するので近隣からのクレームが寄せられる可能性があります。

適切な脱臭装置を使えば、水膜で臭気物質と粉塵を取れます。スクラバーの脱臭方式には様々な種類があるので、処理方式を見極めて選択します。燃焼方式は、水に溶けない排ガスに適しています。水膜形式で排ガスを処理する装置は、水膜をスクリーンに形成するので細かい粉塵でも逃さずに捕捉できます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*