超強力!プラズマ脱臭装置

数ある脱臭装置の中でも高い効果を発揮するのが、プラズマ脱臭装置です。一般廃棄物を原料にした固形燃料(RDF)製造工場や専用焼却炉、ごみ焼却場やリサイクル処理センター、下水処理場などの大規模な施設から発生する臭気処理に優れています。臭気成分をプラズマ中を通過させることで臭気分子を分解、さらに発生したオゾンの酸化作用によって脱臭します。触媒の再利用ができるためランニングコストを抑えられる他、虹反応槽の取替頻度を抑制、さらに寿命が長いため長く使用し続けられます。

脱臭装置は、大規模な工場だけでなく様々な分野で利用されるようになりました。悪臭防止法改正により法人や事業主と近隣住民のトラブルが増えており、早期の対策が求められつつあります。また環境意識の高まりにより、臭いへの関心は益々広がるものと考えられます。予防策として脱臭装置を導入する事業者が増えており、中でも惣菜調理や菓子加工や食品関連工場に加えて、医薬品や化学薬品。

肥料や資料製造工場など他、多彩な業種で採用されています。プラズマ脱臭装置はほとんどの場面で利用可能な汎用性の優れたシステムであり、同時に導入コストが低く運用コストにおいても優れていて、環境負荷も小さいというメリットもあります。さらに吸着触媒などの他の脱臭方式と併用できるのも特徴になっており、目的に合わせて利用できるのも魅力です。臭気対策を検討しているなら超強力なプラズマ脱臭方式がおすすめ、継続的な事業の発展に役立ちます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*