臭気の性質や種類に合う脱臭装置を選択

悪臭に悩んでいる場合には、脱臭装置が強い味方になります。工場で発生する臭気に対しては性質や濃度、設置するスペースなどを総合的に判断して適切な脱臭装置を設置します。臭気の性質や種類を正しく把握しないと、脱臭効果がきたいできないです。脱臭方式には様々な種類があり、臭気成分を高温処理で酸化分解する燃焼法は大半の臭気成分に適用できます。

生物脱臭システムは、微生物を利用した自然に優しい脱臭方法です。新しい微生物を利用した技術革新が期待されていますが、微生物の生育条件を満たす管理が必要になります。触媒分解法は化学分解を活用した方法で、燃焼法などと組み合わせて使われるケースが多いです。安定した能力で脱臭を継続できるプラズマ分解法は、活性酸素プラズマを利用して酸化分解を行います。

酸素クラスター法は、臭気の成分をプラスイオンとマイナスイオンが取り込んで分解します。空気中の酸素を使うため管理が容易で、生体に悪影響を及ぼさないメリットを持ちます。昔から広く知られている吸着法は、活性炭に臭気を吸着させて脱臭します。使い勝手に優れ実績があり、簡単な処置で使えます。

アルカリや酸などの洗浄液使う洗浄法は、臭気成分が特定されている場合に効果的です。化学的捕捉法は、臭気成分に合わせて脱臭剤を選択できます。添加物を薬剤に加えればアルカリ性でも酸性でも脱臭できますが、対応できない臭気もあります。全ての悪臭物質に効果を発揮する万能な脱臭装置はないため、正確に判断して環境に適した装置を使用するのが一般的です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*