脱臭装置は臭いの性質・場所に合わせて選ぼう

脱臭装置は主に、吸引タイプと放出タイプの2種類に分かれます。悪臭に対してのアプローチの差異によってタイプが分かれており、処理する臭いの性質・場所に見合ったタイプを選ぶことが大切です。臭いが強く、発生箇所が特定の場所である場合は吸引タイプの脱臭装置が適切です。ペットを飼育している場所やキッチンの三角コーナー、煙草の臭いが立ち込めた車の中など具体的な場所が分かっている場合にマッチします。

活性炭フィルターや光触媒といった脱臭方式の機器が該当しており、臭いが漂っているとおぼしき空間に向けて吸引をかけてもその力を発揮します。局所的なものではなく、部屋の全体が臭う場合は放出タイプが良いです。イオンやオゾンなど、消臭粒子を放出する方式の脱臭装置が該当します。空気中の臭いに加えて、付着している悪臭に関してはオゾン酸化法を採用した機器が良いでしょう。

放出タイプに関しては、臭いの元となる分子と放出される消臭粒子を接触させる効率の良し悪しが脱臭効果を高めるポイントです。単に脱臭装置を稼動させるだけでなく窓を開けて換気を良くしたり、換気扇をオンにして通気を促したりといった換気に加えて、サーキュレーターなどの他の送風機を併用することで脱臭効果がより高まります。室内の空気を上手く循環させつつ、外気も積極的に取り入れることで臭いを外に出せる上に、臭いの分子を含んだ空気を希釈することでさらに臭いが薄まるという訳です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*