工場で必要なスクラバー装置

工場で商品を製造する段階で有毒なガスや排気ガスが出る場合があります。そのような人に有害な物質をそのまま大気に放出することは出来ません。そのために必要なのがスクラバーです。スクラバーとは簡単に言うと、空気中に含まれる有害な物質を取り除くための装置になります。

工場には環境の規制を守る必要があり、そのために必要なのがスクラバーと言えます。日本もかつて高度経済成長期には多くの公害が生じました。その中には四日市ぜんそくのように大気汚染が関係する問題もあり、ぜんそくで苦しんだ子供たちが多くいたのです。今では、多くの工場が海外に移転したことと、環境に対する規制が高くなったことで青い空をどこでも見ることが出来ています。

しかし、途上国では先進国の過ちを繰り返しており、環境汚染の問題が広くみられています。自動車やバイクが増えている東南アジアや南アジアの環境汚染はひどい状況です。ガソリンの質も悪いですし、車の排気ガスの要求も低いのが現状です。工場は利益を追求するので、環境問題は後回しになってしまいます。

しかし、住みよい環境を作ることが出来なければ、子供たちが安心して暮らし続けることは出来ません。特に工場はかなりの有毒物質を大気中に放出していますので、規制を厳しくする必要があるのです。日本はその点で技術と経験がありますので、途上国を助ける責任があると言えるでしょう。また、各国が協力することで大気汚染の問題を解決することが出来るのです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*