ウォーターサーバーを購入する際はボトルも比較する

ウォーターサーバーを購入する際に、水の種類や料金、デザインに目が行きがちですが、ボトルも意外に重要だったりします。というのも、ボトルを交換する際の交換しやすさは高齢者や女性にとって重要ですし、ボトルを使用した後の処理方法などによっては場所をとってしまったり値段が高くなってしまったりするので、比較して購入した方がいいのです。ウォーターサーバーのボトルの種類は大きく分けて2種類あります。水を飲み切った後に配達員が回収するリターナブルボトルと、飲み切ったあとは各自治体の処理方法に従って自分で処理するワンウェイボトルです。

それぞれにメリットとデメリットがあります。リターナブルボトルは、水を飲み切った後に配達員が回収してボトルを再利用するため、サービス料金が安くできたり、ボトルを再利用するのでエコにつながるといったメリットがあります。ただ容器の中に空気が入りやすい作りのため、雑菌が繁殖しやすかったり、配達員が回収にくるまで空ボトルが場所を摂るといったデメリットもあります。一方でワンウェイボトルは使用後に小さくたためたり潰すことができるので、空ボトルになっても場所をとらなかったり、使用ごとに圧縮されていくので空気が入りにくく衛生的であるなどのメリットがあります。

その反面リターナブルボトルを比較するとサービス料金がかかるとか、自分で空ボトルを処分しなければならない手間がかかるといったデメリットがあります。容量を抑えたポリエチレン製のウォーターパックは交換の際に重すぎず楽に交換できて便利ですし、真空を保つことができるの衛生的で一人暮らしの女性や高齢者の方にお勧めです。ウォーターサーバーを扱う会社によって扱うボトルも違ってきますが、どれが自分のライフスタイルに合ったボトルか比較して検討することで、気持ちよくウォーターサーバーを利用することができます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.