家雨漏りが起こる箇所

日本は非常に多くの気象現象があり、建物は24時間365日常に様々な環境下に耐えています。春一番・突風・台風・梅雨・夏の豪雨・秋雨・降雪さらには太陽光線による紫外線など常に何かしらの自然からの影響を受けています。雨であれば酸性成分もあり屋根や壁の劣化は進みます。これらの自然現象から耐える限界になれば家雨漏りとなり時には深刻な事態にも発展します。

家雨漏りが起こる箇所には屋根があります。屋根材料にも瓦・スレート・金属がありそれぞれ原因も異なります。瓦屋根であれば、ズレや漆喰の剥がれ棟そして隅瓦の浮きなどがあります。瓦は重いので風に対しては非常に強く台風の進路となる地域では多く採用されています。

しかし、その重さから地震には弱く建物が大きく揺れてしまう欠点があり、瓦がズレ易いため地震があった際には早めにチェックが必要です。スレート屋根は、薄い板状の屋根材で粘土版岩を薄く加工したもので洋風の見た目でオシャレです。中にはセメントを主成分とした商品もあります。この材料が原因の家雨漏りは、材料の反り・ひび割れ・欠けがあります。

ひび割れであれば防水シーリング材を充填して応急処置が可能ですが、他に関しては交換作業が必要になります。金属屋根は、立平葺きと横葺きがあり雨漏りが起きやすいのは横葺きです。1枚の材料を2~3段に折り曲げて作りますが、折り曲げた部分に水が溜まりやがて錆が発生し雨漏りへと発展します。また、瓦と同様に棟・隅に被せた板材も確認が必要です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.