耐久性も脅かす家雨漏りを解消しましょう

雨が降ってくると天井裏でポツポツと音がする、こんな時は家雨漏りが起きている可能性があります。すぐに大工さんや工務店、あるいは屋根修理を専門的に行っている会社に連絡して調査を受けましょう。漏れている個所を見つける時の調査は、晴れているときにしか行えません。雨が降っているときのほうがわかりやすいように考えてしまいますが、屋根全体が濡れているとどこが雨水の浸入場所かわからなくななります。

明らかに瓦が割れているのがわかるのであれば簡単ですが、晴れている日に部分的に屋根に水をかけることで、水が浸入する隙間がどこにあるか、家雨漏りが起きる箇所を見つけ出すことができます。天井にたいしたシミもできていないと家雨漏りを放置すると、梅雨の時期の長雨や台風の季節に状態が悪化することが考えられるので、早期に修理を依頼すべきです。木材が腐ってきたり、鉄筋がさびる、コンクリートがもろくなることがあったり、カビが大量発生する場合があります。厄介なのは湿度が高くなり、木材がもろくなってくるとシロアリの格好の餌場になってしまうことです。

シロアリは柱を食べるだけでなく、壁の中などにも侵入するなどあらゆるところを食べ始めて、家の構造を破壊していきます。耐久性が弱くなって傾きが起きる可能性も出てきますし、地震に耐えられない家になって、家族が危険にさらされることも考えられます。電気配線に問題があれば、ホコリと湿気で漏電を起こし火事になる危険性もあるのですから、家雨漏りしているような音が聞こえたら確認しましょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.