火災保険雨漏りで修理

突然家が雨漏りし始めると非常に困ってしまいます。雨漏りを修理するにはまず、どの部屋から雨漏りしているか特定しその上に何があるのか判断しなければいけません。二階建て住宅の二階部分が雨漏りしている場合、雨漏りの原因は屋根でほぼ間違いありませんが、一階部分の雨漏りの場合にはいろいろな原因が考えられます。雨漏りしている箇所の上にベランダやバルコニーがある場合、ベランダやバルコニーの防水塗装が剥がれていたり、ひび割れたりしていることが原因という場合や、サッシと防水塗装の継ぎ目から浸水している場合など様々です。

このような雨漏り修理をする場合費用は掛かりますが業者に依頼するのが一番早くて綺麗に修理してもらえます。しかし、費用が気になってなかなか修理の依頼が出来ないという方、火災保険雨漏りで修理する事も出来ます。火災保険雨漏りの適応かどうかは保険会社に問い合わせる必要がありますが、台風などによる飛来物で屋根の瓦が割れた、板金に穴が開いたという雨漏りの場合には火災保険雨漏りで修理できる場合もあります。新築して10年以内の雨漏りで、台風や大雪などの被害でない物は初期施工時の工事不良の物もあります。

こういった場合には、新築住宅を建てた業者に修理費用を負担してもらえますので、自分の保険を使う必要はありません。新築時に10年保証が付いている住宅も多い為、無駄な出費などしないようしっかり原因特定し、施工不良の場合にはちゃんと修理してもらうのが一番です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.