突風での被災は火災保険雨漏りが適用されるケース

毎年のように日本列島に上陸する台風によって、家屋への被害が発生しています。また竜巻などの突風も住宅に被害を及ぼす災害としてよく知られています。これらの強い風を発生させる自然現象によって、屋根の一部分が破損したことによる雨漏りが見られた場合には、火災保険雨漏りの適用となるケースがありますので、知っておくと良いでしょう。家屋が火災に巻き込まれた場合に、全焼や半焼などといった被災の段階に応じて、加入口数に応じた保険金が得られるのが火災保険の基本的な仕組みです。

もちろん火災保険には基本的に多くの住宅の被災に対して保障を受けられるシステムとなっていますので、加入中の保険証書や約款などを確認してみましょう。火災保険雨漏りの場合も保険適用となるケースがあるはずです。どのような災害が直接的な原因となって雨漏りを発生させたのかがわかるように、証明書に必要事項を記載して、保険会社に連絡することが重要用です。そのためにも、雨漏りが発生している現場の様子を撮影した写真を数枚は用意しておくと良いでしょう。

加入中の火災保険雨漏りの契約内容によって、一時金として支払われるケースや見舞金として支払われるケースがあります。住宅災害について手厚い内容の保険に入っていた場合には、受け取れる金額も多くなありますので、屋根の修理を行うのにも都合が良いでしょう。万が一のために備えて必ず火災保険への加入を検討知ることをお勧めします。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.