火災保険雨漏り補償を受ける条件は

火災保険は建物に掛ける保険で火災による損害を補償してくれるものです。建物にかけておくことで火災時の損害が補償されるため住宅を再建するための助けになります。このため住宅を持っている場合には掛けておきたい保険です。また火災保険といっても、補償されるものは火災だけではないのがこの保険の特徴です。

一般的な火災保険においては失火やもらい火による火災の損害のほか、落雷による損害、ガス漏れなどによる破裂・爆発による損害、風やヒョウ、雪による損害、洪水時における水による被害による損害が補償の対象です。このほか建物が外部からの力によって何らかの理由で破損した場合や漏水による水漏れや、暴動などによる損害、盗難や窃盗によって傷ついた住宅の損害、また住人が不測かつ突発的な事故によって破損させた場合の損害にも補償がされます。この補償の中で雨漏りの費用を保険請求できる場合があります。火災保険雨漏り補償は、原因が火災保険で定めるものであればほぼ補償を受けられます。

火災保険雨漏りで請求しやすいのが、豪雨や暴風、またヒョウ、雪などがあります。経年劣化によって雨漏りが発生した場合には火災保険雨漏り補償は受けることができませんが、すでに雨漏りが発生していても、何らかの災害で雨漏りがさらにひどくなった場合などにも火災保険雨漏り補償を受けることができます。いずれにしても補償を受けられるかどうかは第三者機関の調査を受け、その調査内容を保険会社が見て、補償の対象内であると判断されれば損害に見合った補償金が支払われます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.