名古屋で水漏れ修理をおこなう職人になるための方法

水まわり設備は、我々人間が生活をするうえで欠かすことができない設備といえます。戸建て住宅からアパートに至るさまざまな住まいに、必ず2箇所以上の水まわり設備が整備されているものです。そして水栓器具も備わっているわけですが、ハンドルを開けていないのに蛇口から水漏れが起きているという不具合を目にされた方も多いことでしょう。水まわり設備では非常に発生しやすい不具合であり、これを修理するには正しい技術と知識を身に付けた職人でないと対応できません。

水漏れ修理等を担う職人のことを、水道設備技能士と言います。この資格を取得するのは経済産業省が毎年2回実施している技能試験に合格しなくてはいけず、1種・2種と2種類の資格で構成されているのが特徴です。水漏れ修理の場合は2種に合格すれば対応できますが、中部地方を代表する名古屋でこの資格を取得するには技能専門学校に通うのが望ましいでしょう。名古屋では、年間約260名の水道設備技能士が誕生しています。

この資格は18歳以上であればどなたでも試験を受けることが出来るものの、名古屋は全国の他の地域よりも合格者が少ない傾向にあります。これは水道関連の会社が少なく、働きながら水漏れ修理等の技能を身に付けられないことに起因しているといえます。そのため、就職後に修理に必要な技能を身に付けるよりも、義務教育又は高校の教育課程を修了したあとに専門学校に進学して知識を養うのが望ましいでしょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.