人生に一度は行ってみたい最高のバスツアー

ニセコ冬のスノーラフティング

ニセコは北海道の道央に位置して、空港から車で2時間ほどの場所にあります。

厳しい冬の北海道の中でも豪雪地帯として知られ、街でも2メートル以上の雪がつまり、見渡す限りの銀世界が広がります。

11月頃から雪は積もり始め、1月は毎日のように数十センチのパウダースノーが降り、多くのスキーヤーやスノーボーダーが訪れます。スキー場が有数なニセコですが、冬のレジャーはスキーとスノーボードだけではありません。

スノーラフティングというのを聞いたことがある人はいるでしょうか。ラフティングと言えば激流の川の中をボートで下るエキサイティングなアトラクションとして知られますね。スノーラフティングは雪の上をボートで走ります。

ヒモに繋がったボートをスノーモービルで引っ張り走ります。海で行うバナナボートをイメージすると良いと思います。パウダースノーが舞う中で、大雪原を走るのは特別な経験になると思います。はっきり言って寒いです。

しかしそれも良い体験になりますね。マイナス10℃にもなる北海道の本州とは違うパウダースノーを体感するのには絶好のレジャーです。

すごい寒かったよね、と思い出話になるのではないでしょうか。ニセコではスノーラフティングを行っているレジャー施設はいくつかあります。

料金的にはだいたい1人10分で3000円くらいが相場となっています。ニセコは北海道でも有数の温泉地で、温泉施設もたくさんあります。冷えた体でもすぐに温泉に入ることができるので、スノーラフティングも悪くないですよ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *