人生に一度は行ってみたい最高のバスツアー

夜行バスではどんな風に過ごす?

夜行バスは安くて便利というイメージも定着しつつある中で、これから利用を検討している人はどのように過ごしているのか気になるのではないでしょうか。

夜に集合して、夜間のうちに移動を行い、早朝に目的地に到着するようになっているので、バスに乗り込んだ後は眠って過ごす事になります。乗り込んだ最初のうちはまだ日付も変わっていないため、若干明るい車内に思えるかもしれませんが、段々と走行していく中で電気は消すことになりますし、「他の人のために静かにするように」というアナウンスもありますので、賑やかに騒いだりする事はありません。

今はスマートフォンなどの携帯機器もたくさんありますが、ちょっとした光も気になってしまうので、あまり利用する人もいないと思っておくと良いでしょう。夜行バスだからと言って徹夜をしようと思っても、揺れている車内の中だといつの間にか眠り込んでしまっています。慣れないうちは特にそうですが、夜行バスはシートも広くなっているものの、椅子に座って目を閉じるので中々寝付けないという方が多いです。

気が付いたら朝になってはいるものの、眠りが浅くて次の日にうとうとしてしまうという事もよくあります。足を伸ばせない、首が痛いといろんな原因がありますので、アイマスクなネックピローも用意しておくと多少は眠りやすくなります。服装も楽な格好にして置くなどの工夫をして、少しでも快適に過ごせるような環境を作り、到着後に楽しい時間になるように工夫してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *