人生に一度は行ってみたい最高のバスツアー

手つかずの自然が残る尾瀬で宿泊してみましょう

尾瀬は、トレッキング初心者であっても日頃ウォーキングを行っていれば問題なく楽しめるエリアとなっていて、現地の山小屋に滞在するプランが人気となっています。

初心者が初めて訪れる場合は、標高差の少ないメインエリアを2日で20km弱歩くのがおすすめであり、宿泊予定の山小屋も余裕を持ったルートで選んでおくと精神的な余裕が生まれるでしょう。

何度も尾瀬に訪れている方に向いているのが、2千メートルを超える至仏山や燧ヶ岳といった標高の高い山岳地帯の縦走ですが、尾瀬のメインエリアと違って気温が数度低くなる可能性が高いので、夏であっても撥水加工をしている雨具(急な雷雨対策)・フリースといった秋から冬にかけて着用する衣類を必ず持参するようにしましょう。

日中に晴れている場合は日差しが強くなっている事から、帽子・サングラス・日焼け止めといった肌対策をしておく事も大切です。宿泊する山小屋は国立公園内に立地していますので、通常宿泊するホテルとはマナーが異なっていて、全てにおいて普段の生活よりも早いスタイルを採用しています。

夕食・入浴が済んだ場合は、翌日に備えて早めの就寝をしておくのが良く、朝は日の出頃から歩き始める人も多いので、前日は21時や22時に寝ておくのがマナーと言えます。宿泊する部屋に関しては、一人旅の場合は相部屋・友人や知人といったグループの場合は大人数タイプ等がありますので、参加人数によって部屋を選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *