人生に一度は行ってみたい最高のバスツアー

小豆島へのフェリー航路

小豆島は瀬戸内海に浮かぶ島で、現在のところ本州や四国と橋で結ばれてはいません。東にある淡路島が橋で結ばれていることから、瀬戸内海の中で本州や四国と橋で結ばれていない島の中では最大の島となっています。

そのため小豆島ではフェリー航路が非常に充実しています。本州側からも、また四国側からも、それぞれ複数のフェリー航路が就航しており、自分にあった航路を選ぶことができます。小豆島へのフェリー航路は、出発港、到着港の違いを全て考慮すると、合計で9つもあります。

本州側からは5本あり、神戸港、姫路港、日生港、岡山港それに宇野港からそれぞれ出ています。神戸港からが最も遠く、3時間かかります。日生港からですと60分です。ちなみにこの5つの航路がありますが、このうち小豆島側の到着港が同じなのは岡山港からのルートと宇野港からのルートだけで、その他は全て異なります。

ちょっと驚くかもしれませんが、それだけ大きな島であるからということができるでしょう。一方で四国側からですが、こちらは合計4本あり、高松港から3本のルートと高松東港からのルートです。香川県内の島であるということもあり、やはり高松からのルートが充実していることが分かります。

これらのルートは島全体を取り巻くように設けられていますので、周遊を行うのにも適切かもしれません。なお、フェリー航路とは別に、高速船が就航している航路もあります。場合によって使い分けるとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です