人生に一度は行ってみたい最高のバスツアー

風光明媚な小豆島への旅行はホテル選びが重要

小豆島は瀬戸内海にある島で、人気の観光地です。伝統的には「二十四の瞳」の舞台になったことで有名ですが、現在は「日本のギリシャ」とも称されています。瀬戸内海は「日本の地中海」とも称される温暖な気候です。そして現在の小豆島はオリーブが名産品です。

オリーブの木々に囲まれ瀬戸内海の暖かい海風に吹かれていると、まるでギリシャにいるような気分にもなります。この島への旅行を考える場合、重要なのがホテル選びです。島内には魅力的な観光スポットが多数あり、行きたいスポットにより最適なホテル・旅館が変わります。

島内で人気の観光スポットの一つが「道の駅小豆島オリーブ公園」です。土庄港から小豆島バスで約30分、小高い丘の上にあり眼下に瀬戸内海が広がります。これから秋の時期も観光に良い時期で、秋風が心地良い季節です。

そして夕暮れどきに丘から眺める瀬戸内海の夕日の美しさに感銘を受けます。このオリーブ公園の周辺には、多数のホテル・宿泊施設があります。15以上もある中から、各ホテルの特徴を知って選ぶことが重要です。一見は大変そうですが、現在はどなたにも簡単になりました。

インターネット上のホテル一括検索サイトを活用すると、どなたでも簡単に宿泊施設を選べます。一括検索サイトを利用する際のポイントが、最安値検索の他も重視することです。最安値検索の他にも条件検索を行い、自分の要望に合うところを探します。

また、多数ある宿泊施設を一度は全て確認するとよいです。全ては無理でも、できる限り多くを見るべきです。それから最安値検索を行うと、自分の行きたい宿泊施設を見極めやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です