人生に一度は行ってみたい最高のバスツアー

今注目を集めている小豆島旅行

小豆島と言えば、オリーブと壺井栄の小説「二十四の瞳」の舞台として広く知られています。そんな小豆島には近年お洒落なカフェや雑貨店などが増えて、旅行者が急増しています。観光客の増加に伴い、海沿いにリゾートホテルが次々と建設されているのも魅力的です。

瀬戸内海に沈む夕日を眺められるので、都会の生活に疲れた人にとっては大変な癒しとなります。昔から人気のあった寒霞渓という奇岩が多く集まる自然豊かな場所は、秋の紅葉シーズンは特に賑わいます。山頂までローブウェイがあるので歩くことに自信のない人でも安心して旅行を楽しめるのも魅力です。

四国八十八か所を小さくしたような、小豆島八十八か所巡りも歩きでも10日間ほどで巡れると年配の方を中心に支持を集めています。小豆島の海や山を見ながら歩けて同時にお参りも出来ると言うのが最高のポイントです。

他にも、エンジェルロードという干潮の時だけ沖合に浮かぶ小さな島と陸で繋がる不思議なスポットがあります。若い人を中心に恋愛スポットとして最近大変話題になっています。

アクセスも岡山や高松からだけでなく、兵庫県の姫路や神戸からもフェリーが出ているので日帰り旅行も可能なところも関西方面からの観光客が増えている要因と言えます。

日帰りで有名な観光名所のみを訪れるのもいいですが、せっかくならリゾートホテルに宿泊して瀬戸内海の夕日や朝焼けを見て欲しいものです。きっと忘れられない思い出となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です