人生に一度は行ってみたい最高のバスツアー

四国を代表する吉野川はラフティングのメッカです

四国の中を流れる吉野川は日本の中では3大暴れ川などと言われています。激流の流れを持つのが特徴で、上流域ではラフティングを楽しむ事が出来るスポットがあり、人気を集めています。ラフティングは激流の川下りを楽しむ事が出来る自然を利用したアクティビティスポーツです。

春の雪解けシーズンは川の水量が増えるので、よりスリリングな体験をする事が出来ます。しかし、水量が少ない季節などの場合や大雨が降った時などは危険を伴う事になるのでツアーが中止になる事もあります。吉野川の人気スポットは大歩危や小歩危などのエリアで、JR土佐線の小歩危駅や大歩危駅周辺の吉野川上流域で楽しむ事が出来るようになっています。

春は新緑のシーズン、川の水量は雪解け水により多くなるので激流の川下りを楽しませてくれます。夏は都会の熱さを忘れさせてくれるほど、川の水は冷たく、夏場でもウェットスーツを着用しないと川に投げ出された時にさむくてたまらないほどの水の冷たさを満喫出来ます。

激流の川を下るのが吉野川でのラフティングの醍醐味ではありますが、川下りは常に激流の場所だけではありません。場所によっては緩やかな流れの場所もあります。

吉野川の大歩危や小歩危エリアは紅葉でも人気が高いエリアでもあり、秋の吉野川でのラフティングは川の上から見る紅葉もお勧めです。春から秋にかけてラフティングツアーを開催しているショップが多くあるので、四国に訪れた時などチャレンジしてみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です